(医療機関等の方へ)指定難病医療費助成制度における指定医療機関、指定医について

平成27年1月1日から始まる新制度においては、指定難病にかかっている患者の方が医療費(調剤医療費を含む。)の支給を受けるには、都道府県知事から「指定医療機関」の指定を受けた医療機関等で医療を受ける事が必要となります。また、医療費助成の申請を行う際に必要な診断書の作成は、都道府県知事が指定した医師が行う事となります。

《対象》

  • 保険医療機関
  • 保険薬局
  • 健康保険法に規定する指定訪問看護事業者
  • 介護保険法に規定する指定居宅サービス事業者(訪問看護事業者に限る)
  • 介護保険法に規定する指定介護予防サービス事業者(介護予防訪問看護事業者に限る)


ㅤ詳細:医薬安全課ホームページ